--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013.11.05 18:41|発達障害
発達障害の中でも感覚統合失調症は診断がつきにくく、「ちょっと変わった普通の子供」との境がとても微妙な分野です。でも、早めに気づいて適当なサポートを得ることで、家族の生活がぐっと楽になり、子供との関わり方も改善されます。

前回は作業療法士とのセラピーの様子や本で読んだことをもとに、触覚過敏な子供への接し方、生活の中で気をつけてきたこと、目指してきたことを体験記としてまとめました。今回はその続きで、日常生活の中でもとても重要な、そしてセラピーをするそもそものきっかけであった、食事についてのお話です。

1383386_549077588510179_396205056_n.jpg


食事療法の方は、セラピーをするにあたり、咀嚼に問題があるようだと言われていました。どうやって噛むのかが分かっていない、舌を口の中で動かして食べ物を移動させることができない、ということでした。さらに触覚過敏がここでも影響していて、口の中に固形物があるのを嫌がり、何か固い物が舌にあたるとパニックになってしまい、それを口から出すこともできずに大泣きし、最終的には私がスプーンなどですくい出してやっていました。

999572_641120485939028_1404664587_n.jpg

言語療法士とのセラピーでは、まず口の中に色んな物を入れることに慣れることを目標にNukという特殊な形をしたスプーンのようなものに好きなベビーフードをつけて食べさせ、口の中でそのスプーンを上下左右に動かしてやり、口の中の筋肉が刺激を受けるようにしていました

実は私の子供にはこれが大変なストレスだったようで、セラピーの後はそれまで食べていたものでも食べないようになってしまいました。2ヶ月でセラピーをやめてしまったのも、これが大きな原因だったのですが、その後は遊びの中で、子供のほっぺたや口の周りの筋肉をむぎゅむぎゅと動かしてやり(これもそっと触るとストレスがかかるので、ちょっと乱暴なくらいしっかりと)、外側から刺激を与えるようにしたり、面白い顔を作って舌を出したりして、その真似をさせることで、顔の筋肉が動くのを自覚できるような機会を意識的に作ったりしました。ストローも筋肉の発達に良いと聞いたので、飲み物はなるべくストローを使って飲ませるようにもしました。

咀嚼の問題とは別に、新しい食べ物を試したがらないという問題もありました。
この、いわゆる「好き嫌い」というのも、発達障害、感覚統合失調症と関係していることがあります。

咀嚼がうまく行かないために離乳食が進まないのであれば、その筋肉を鍛えて整えてやることがまず必要です。ところが物理的に食べる機能に問題がなくても、たとえば食べ物の匂いをとてもきつく感じる子にとっては、その食べ物を口に入れるのはとても勇気のいることです。私の子供は触覚過敏であり、いったん口に入った物を舌を使って自分で出すこともできなかったので、得体の知れないものを口の中に入れるということはとても怖いことだったのです。
これについても色んな本を読んだ結果、Food Chainingという方法で食べられる物を増やす努力を始めました。

1000216_644416948942715_1008253700_n.jpg


これは、たとえばもし今食べられる物がパンだけなら、そのパンと何か共通点のある食べ物、例えばソースやチーズのついていないピザを次に試してみる。それが食べられるようになったら、今度はピザにチーズを乗せて試してみる。次はソースを入れて、もしくはチーズトーストにして、というように連鎖を続けることで、徐々にパンとはまったくかけ離れた食べ物を試すことができるようになるという方法です。

そのとき私の子供が食べていたのは、ベビーフートの他にはアップルソースとヨーグルト、小さく切ったバナナ、これも細かく刻んだうどん、そしてたった一種類のクラッカー(噛まなくても口の中で溶ける赤ちゃん用)のみ。このクラッカーとヨーグルトからスタートし、バニラ味のヨーグルトが好きならバニラ味のクラッカーを試してみよう、から始まりました。

写真-38


最初はやはり安心できる食べ物以外の物は頑として受けつけず、ハンガーストライキまでして泣かれましたが、ついに新しいクラッカーを一つ食べてみたあとは、とんとん拍子に色んなクラッカーを試すことができるようになり、1ヶ月もすると、クラッカーと名のつく物なら何でも口に入れることができるようになっていました。

ここからチップスやパンも食べることができるようになり、パンケーキやワッフル、フレンチトースト、マフィンなども試すことができるようになりました。考えれば似たような材料のものばかりですが、この子にとっては一つ一つが「新しい食べ物」であり、見た目や味が少しずつ違う物をなるべく多く試していくことで、食べられる物が増えているという自信をつけさせることが大事なのです。

うどんは、ほぼ噛まずに飲み込んでいたものを、徐々に長さを増やして行き、しっかり噛む練習をさせました。ここから、何年もかかりましたが、冷やし中華やそうめん、スパゲッティを食べられるように連鎖させて行きました。

写真-48

ヨーグルトも色んな味を試し、そこからスムージー、アイスクリームと広げて行きました。
またベビーフードで大好きだった梨をバナナと同じように小さく切ることで、「バナナと同じ色、同じ形、同じ果物という種類」というつながりを作り、そこから他の果物にも連鎖していきました。これはすんなりとは行きませんでしたが、今年大きな進歩があり、今ではブルーベリー、いちご、ぶどう、プラム、アプリコット、桃、マンゴー、オレンジ、メロン、とほとんどの果物を食べることができます。

写真-44


ラズベリーやブラックベリーは、あのでこぼこした表面が苦手で、まだ口の中に入れることができないでいるようですが、これだけの種類の果物を制覇した(口の中に入れて、噛んで、飲み込むことができた)というのは、大きな自信につながっています。

触覚の過敏な子供にとっては、新しい物を食べたがらないというのは、ただの食わず嫌いなのではなく、食べ物を口に入れること自体がチャレンジなので、「とにかく食べて見なさい、おいしいかもしれないんだから」と言うだけでは解決になりません。
でも、「これは前に食べたあの食べ物と見た目が近いよね、食感はこういう感じだと思うよ」と説明することで、口に入れる勇気が出て来るのです。

600868_549082935176311_999542884_n.jpg

先ほど書いたいちご摘みやブルーベリー摘みも、触感セラピーであるとともに、その食べ物がどのように育っているのかを知ることで、そして実際に自分で摘んでみることで、口に入れることへの抵抗が少なくなることを期待していました。

1382911_549083938509544_1417930441_n.jpg


同じ理由で、キッチンにもなるべく入れてやって、まずは食べなくても良いので、野菜や果物を切るところ、料理をしているところを意識して見せるようにしています。

写真-50

そうしていくうちに、食べ物への興味がもっと湧いてきて、ただ見ているだけだったものを、手で触ってみることができるようになり、匂いをかいでみるようになり、舌の先でちょっと舐めてみるようになり、最終的には口の中に入れてみることができるようになります。もちろん食べてみた後で「好きじゃなかった」ということはありますが、それも毎回一口でも良いので食べ続けて行けば、いつかは好きになることもあるかもしれません。それは普通の子でも同じだと思います。ただその最初の一口にたどりつくまでに、時間をかけたプロセスが必要だったのです。

感覚統合失調症は、目に見えないハンディキャップです。でも目に見えるハンディキャップと同様に、何が障害となっていて、どうサポートすれば良いのかを知ることで、生活がぐっと楽になります。
それは親と子の心の健康のために、とても大切なことだと思うのです。また、目に見えないがために症状を理解してもらえずに、しつけのなっていない子、甘く無責任な親だと思われることも大変なストレスになるので、これについての知識と理解が社会に広まることを願って止みません。


そして、感覚統合失調症は、年齢や生活環境の変化に伴って良くなることも多くあります。何もしなくても改善することもありますが、適当なサポートをすることで、その成長をスピードアップさせることも可能ですし、成長の過程で子供のストレスを和らげることも可能だと思います。

障害の有る無しに関わらず、自分の子供を良く知り、その成長をできる形でサポートしてあげたいと思うのは自然な親の気持ちでしょう。感覚統合セラピーは、そんな親の手助けとなり、時に育児の道しるべともなる、とても有用なツールだと思います。
スポンサーサイト
2013.11.01 08:09|カフェ
朝カフェにて。お父さんと3歳くらいの女の子の会話が耳に入って来ました。機嫌が悪いのか何か甘いものを買って欲しいとダダをこねる娘に対して、お父さんはカウンターの前で娘の背丈に腰を下し、ゆっくり静かにこう語りかけました。

写真 2-9

「マドリン。誰かに何かお願いする時にはもっとナイスな言い方で言わないと。お父さんにも君にも、みんな心があるんだよ。今の君のように刺のある言い方をされたらお父さんの心は傷つくんだよ。わかるかい?」
穏やかにマドリンの瞳を見つめて、1人の人として大人が大人に語るように。
それをじっと聞いていた女の子。小さい心に何かを感じ取ったのか、少し静かになりこう応えました。
「あぁ、本当ね、パパ。私ちょっとパパに意地悪な言い方しちゃったね。ごめんね。(そして、にっこりと大きな笑みを浮かべて)パパほら、このクッキー美味しそうでしょ。私とシェアしない?」

写真 1-8

パパ:「ほらね、君の声のトーンの柔らかいと優しく聞こえるし、君の笑顔でパパの気持ちもすごく嬉しくなるよ。OK! クッキーが欲しいんだね。じゃぁ、チョコチップクッキーを買うからパパとい一緒に食べようか。」
そしてパパは娘をよいしょと抱きかかえて、丸くて大きなクッキーが入った紙袋を大切そうに抱えながらお店を出て行きました。

小さな人の心にも大きな人の心にも、心がある。
優しく伝えることで相手の気持ちも優しくなる。
ということをマドリンは幼いながらに学んだのでしょう。
そしてこのように小さな出来事を通して人としての気持ちのあり方、人としての関わり方や接し方の大切さを教えることは大人とても大切なことだと思うのです。


そうして子供の頃の1つ1つの出来事が基盤となり人生を造り上げていくのだと。

カフェにいると、こうした日常の会話が時々耳に入ってくることがあります。カフェはアメリカに住む人達の生活の一部。古い町にはユニークな特徴のある家族経営で地元密着型のカフェが多く存在し、カフェでは日々、様々なストーリーが生まれます。アメリカに住む親子のハートウォーミングな会話が耳に入り心和むこともあれば、気軽に話かけてくる人達も居たりと気さくな会話に花が咲く場所でもあります。産まれた環境も境遇もそれぞれに異なる者同士がカフェという場所に居合わせ、同じ時間を共有するという『偶然』が生み出すちょっとサプライジングなマジックが楽しめる場所がアメリカのカフェでの光景。

つい今さっきのこと、隣のテーブルでに座る30代と50代の親子。私の所に来て「あなたの靴、とても素敵ね。私もたまにオシャレしてヒールの靴を履きたいんだけれど、どうしても足が疲れてしまって。」全くの初対面ですが気軽に思ったことを口にするのがフレンドリーなアメリカ人。「ありがとう。もちろんヒールのあるオシャレな靴で履き易い靴なんてなかなかないわよね。私も毎日は無理。ただ、今日は娘の学校のハロウィンパーティーで今から行かなくてはいけないの。『お友達が見ているからママには綺麗な恰好してきて欲しいの』と娘言われたから頑張って履いて来たのよ。」(笑)と応える私。たわいも無い会話ですが、こうして見知らぬ人がちょこっとだけ自分のストーリーを語ってくれることで人生のタイムラインのある部分で接点が産まれるという事がなんとなく嬉しかったりします。

さて、今日のラブライフスタイルでは数あるカフェから、ポートランド在住のRenaさんより、拘りのコーヒーを提供するカフェのレポートをします。今ポートランドではコーヒー競争が起きているかのように、美味しい豆をつかって絶妙なコーヒーの味を引き立てる焙煎方法に拘り、注文から時間をかけてコーヒーをじっくりと淹れてくれるコーヒー専門のカフェというものが流行の兆しをみせているように感じます。
その中でもトップクラスの本当に美味しいコーヒーを提供するカフェより。


写真-32


tasse de café


Coava
http://coavacoffee.com/

北へ向かい、脇目も振らずに走る車の行列が去るのを待って小走りでGrand Ave.を渡り、Coavaとかかれた窓から中を覗き込むと、そのファサードからは想像しがたい、広々とした空間が目に飛び込んできた。
新しいカフェに入るときはいつも心が小躍りする。もしかしたら、ここがお気に入りの場所になるのかもしれない、という期待と同時に、なぜかしら緊張感すら沸いてくる。

扉をそっと開けて実際に足を一歩踏み入れてみると、先ほど覗き込んだ際に見えた面積に加えて、更に奥行きがあり、向こう半分はほぼからっぽで、カフェとギャラリーが合体したような空間であることに驚かされる。

写真 1-7


手前半分のカフェであろう空間には、(というのも、奥の空間が手前半分と融合しているようで、全く異なった世界観を醸しだしているので)6人がけほどの大きなテーブルがいくつかランダムに配置され、二面ガラス窓に面した店内北西の角にはアンティークの機械を改造した洒落たテーブルが、太陽光に燦燦と照らされて、そのいぶし銀の重厚さを増している。

写真 2-8


又、最近あちこちのカフェで見かけるコーヒーロースターが、ここでも店内に無造作に置かれており、鼻から一気に入ってくる香がたまらない。この香だけでも、なんて幸せな気分になれるのだろう。

写真 1-6

何を飲もうか決めかねていると、いかにもポートランディア(ポートランド地元民)といった装いのモダンヒッピーなお姉さんが、今日のコーヒー二種類を薦めてくれる。1つは繊細でスムーズ、かつフルーティーなエチオピア産、もう1つは、濃厚でスムーズ、そしてアーシーなエルサルバドル産のもの。そこで、友人とそれぞれ頼むことにした。話を聞くと、どうやら奥は隣の竹製家具やさんの展示場らしい。コーヒーを待つ間、そのがらんとした奥のスペースを端まで進みレストルームを覗いてみると、なんともモダンでまたもや広々とした、竹基調の素敵な場所だった。もしここへ来ることがあれば、是非チェックして欲しい。

写真 4


さて本題。注文を終えてコーヒーを待つお客の目の前には、まるでオープンキッチンのようなカウンター、そしてその上にはガラス製のコーヒーメーカーが4つ5つ並べられている。

写真 3-5


更にここからが、ときめきポイントなのだが、Coavaで使うフィルターは、全てステンレスのフィルターなのだ。ペーパーフィルターとは違って、何度も使えるし、健康への害も懸念されるプラスチック製のフィルターとは見た目も出来上がりの味も、格段違う。正直あまり見たことがなかったで、とても新鮮だったのだが、ポートランドの別のカフェでも(Bistroカフェなど)使われているそうで、思わず購入先のオンラインストアを教えてもらった。
(ちなみにアメリカではablebrewing.comで販売。)

写真 2-7

Coavaの刻印までされた銀色に輝くフィルターは、これからいただくコーヒーの味を約束してくれたようなものだ。
カフェの気さくなスタッフとしばらくそんな談笑を交わしている間に、待ちに待ったコーヒーが出来上がった。湯気立つマグカップを両手で包み込み、自分達のテーブルへと向かう途中、ふと、CoavaブランドのTシャツやグッズが置かれた台に、砂糖だけぽつんの置かれていることに気づく。最近は、砂糖のほかにはちみつもほとんどのカフェで用意してあるし、ソイミルクやココナッツミルクまでもが常備されているカフェも珍しくないというのに。後で聞けば、こちらはコーヒーナチとも揶揄されるほど、コーヒー本来の味を楽しんでもらいたいという強い信念があるらしい。なるほど、通りでミルクの用意がないわけだ。ちなみに、メニューにはカプチーノやラテもあるので、そこまで頑固一徹というわけではなさそうだが。また、スタッフもとてもフレンドリーだったので、ナチという表現は不適切かもしれない。それだけ、命をかけて真剣にコーヒーと向き合っているということであろう。

そしてやっと最初の一口。もちろんブラックで飲んだこの一口で、ここは当たりと確信する。美味しい。

写真 1-7

贅沢なのか無駄なのか正直紙一重である広々とした空間は、倉庫の名残の高い天井も手伝って、Coavaホールといった雰囲気だ。こういった芸術的でちょっと気取った場所は、惹きつける客も類似してしまうのだろうか。面白いことに、私達も含め、客の9割がアップルユーザーであったことも最後に加筆したい。


COAVA BREW BAR

1300 SE Grand Ave. Portland, OR, 97214

Weekdays 6 AM - 6 PM // Saturday 7 AM - 6 PM // Sunday 8 AM - 6 PM

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Appolonia

Author:Appolonia
自らのアトピー体質がきっかけで化学物質と無縁の生活と自然治癒の生き方を志す。
アメリカに17年滞在後2011年、日本へ帰国。
オーガニックの先駆者が集まるサンフランシスコで暮らし、
そして、よりロハス的な生き方を求め、オレゴン州ポートランドに移住。
アメリカの真のロハス文化を日本に伝え、日本の伝統的な文化をアメリカに紹介するプロジェクトを計画し日々奮闘中。
2児の母親。最近のマイブームは休日のオーガニック&ベジタリアンレストラン巡り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。