スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「果物の取り過で膵臓がん。」

2013.02.23 23:37|食事
DSC_0164.jpg


スティーブンジョブス氏が究極の菜食主義者であり果実食主義者フルータリアンだった話は有名な話。2011年に56歳の若さで膵臓がんで亡くなっています。
そして、映画『ジョブズ(原題)/ jOBS』で故・スティーヴ・ジョブズ氏を演じた俳優アシュトン・カッチャーさんですが、役づくりのためにジョブズ氏敢行した「フルータリアン・ダイエット」を行いましたが、それが原因で、入院していたことが明らかになった。

Kutcher recently told USA Today

"First of all, the fruitarian diet can lead to like severe issues. I went to the hospital like two days before we started shooting the movie. I was like doubled over in pain. My pancreas levels were completely out of whack. It was really terrifying ... considering everything." 

そして数年間、果実食主義者でローフードをこよなく愛する生活をしていた私としてとては非常に気になる情報でしたのでシェアします。

果物には生きた酵素、ミネラル、ビタミンが豊富です。そして健康な人ならば普通の食生活で少量いただくことは問題ないことなのですが、美容のためだからとか健康の為にとフルーツをたくさん食べすぎることは肝臓に負担をかけ、メタボリック症候群をまねくことになり、結果膵臓癌のリスクをまねくことになるのです。

米国のハワイ大学がん研究所 ウテ・ノスリングス ( Ute Nothlings ) 氏らが、American Journal of Clinical Nutrition 誌 11 月号に発表した内容によると、糖分フルクトース (fructose)=果糖を異常に摂取すると、すい臓ガンのリスクを高める、特に肥満の人は要注意とのこと。

果糖が最も多い果物から順に。
1.ドライフルーツのデーツ(ナツメヤシ)
2.ドライフルーツのアプリコット
3.マンゴー
4.種なしブドウ
5.レーズン
6.梨
7.スイカ
8.柿
9.リンゴ
10.イチジク

となっていますが、普通に食べる分では一日の摂取量をオーバーすることはありません、ただ過剰摂取は膵臓がんのリスクを高めることになるので要注意。

http://www.sciencedaily.com/releases/2010/08/100803092150.htm
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

Appolonia

Author:Appolonia
自らのアトピー体質がきっかけで化学物質と無縁の生活と自然治癒の生き方を志す。
アメリカに17年滞在後2011年、日本へ帰国。
オーガニックの先駆者が集まるサンフランシスコで暮らし、
そして、よりロハス的な生き方を求め、オレゴン州ポートランドに移住。
アメリカの真のロハス文化を日本に伝え、日本の伝統的な文化をアメリカに紹介するプロジェクトを計画し日々奮闘中。
2児の母親。最近のマイブームは休日のオーガニック&ベジタリアンレストラン巡り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。