スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カフェ特集第二弾。仲間と集い心温まる、ライトローストのパイオニア、heartのご紹介。

2013.12.20 10:09|カフェ
今回は、カフェ記事第二弾です。今年、TVや雑誌、そして老舗百貨店までもがこぞって特集を組み、注目度が劇的にアップした、ポートランド。そのポートランドの美味しい地元カフェベスト10の一つとしてノミネートされた、heartをご紹介します。ライトローストの走りとも言えるここheartの、シンプルなコーヒーが気に入って足しげく通っている私ですが、先日バリスタのポートランディア(ポートランド地元民)に、「どうしてお店の名前がheartなの?」と素朴な疑問をぶつけてみました。すると、「オーナーに聞いて見ないと確かではないけれど、きっと、町の皆の心のよりどころになる、コミュニティーの中心(=ハート)となるカフェでありたいからだと思うわよ。」と、屈託のない笑顔で返してくれました。地ビールと並んで地元カフェが多いことでも有名なポートランドは、コーヒー好きにはたまらないコーヒーワンダーランドなのです。

heart  http://www.heartroasters.com/

更けのデザートデートの定番、pixや、週末の朝食時にできる長蛇の列が今や名物となったScreen Doorが並ぶ、Burnsideの一角に2009年オープンしたheartは、コーヒー一杯一杯に真剣に取り組んでいる、真摯なカフェだ。

IMG_1871 (300x225)


主に中南米とアフリカ産の、高品質なグリーンコーヒー(生豆)を最も浅く自家焙煎し、ライトローストのパイオニアとして、ポートランド既存のカフェ界に殴りこみをかけた勇者でもある。それ故に、heartのコーヒーを一度飲んだ者は、病み付きになるか、もしくは二度とそのドアを開けないか、とも言われる程、好き嫌いがはっきりと分かれるのだ。
選びぬかれたグリーンコーヒーはまず、繊細で洗練された深みと香、そして味わいがバランスよく共鳴するよう、絶妙にライトローストされる。それから一旦品質テストに回され、ある一定の水準に達した豆だけが店頭へ戻り、コーヒー愛好者の元へと届くのだ。

IMG_1872 (300x225)


heartのオーナー、Wille Yli-Luoma氏は、フィンランド出身のプロスノーボーダーという異色の経歴を持つ。豆選びから焙煎方法まで拘りぬくカフェの姿勢は、彼の繊細な性格が良く反映されていると言えよう。彼の優しく、儀式にも似たコーヒー作りは、日本の茶道を思い起こさせる。
さて、その日はココナツミルクのラテの気分だったので、注文してみると、残念ながらココナツミルクを切らしてしまっているとのこと。牛乳や豆乳ラテは飲みたくないし、どうしようか考えあぐねていると、「ヘーゼルナッツミルクはどう?凄く良く合うのよ。」と薦めてくれた。ちなみに、ヘーゼルナッツの生産量で、アメリカはトルコ、イタリアに次ぎ世界第三位に君臨し、そのほとんどがオレゴン州であることはご存知だろうか?こちらのヘーゼルナッツミルクがオレゴン産のものであるかを確かめる術はなかったものの、スタッフお薦めだけあって、ナッツの甘さがライトローストのコーヒーにコクを添え、至極美味しいラテだった。

コーヒーを淹れてくれるバリスタが、heartの哲学にきちんと従って、一杯一杯丁寧に作ってくれるのを見るのも、なかなか面白かった。まず、小さなデジタルスケールにマグカップを置き、ドリップ方式でお湯を注ぎ始める。更にその間、すぐ横の小型タイマーを逐次チェックしている。毎回、ある一定のお湯の量を、一定の時間内に淹れ切ること、これが美味しさの秘訣だそうだ。これを一杯一杯やっているのか。大変な勤勉さである。

IMG_1873 (225x300)


いつしか私も夫も、胃にもたれないheartのライトローストのファンになってしまったようだ。今まで何度か足を運んだが、常連であろう、見慣れた顔のお客が何人か見受けられた。我々が常連の仲間入りする日も、そう遠くはないだろう。コーヒー豆を焙煎する午前中、ロースターのすぐ後ろの最も暖かい席が、この冬の私の指定席になった。

コーヒーではないが、heartで出している、Pixie Retreat RAW'r Laboratorie & Makeryの「ほぼローフード、きびバーガー」がとても美味しかった。このPixie Retreatも地元ポートランドに拠点を置く、グルテンフリー、ビーガン、オーガニック、大豆フリー、地産地消ローフードを売りにしている、まさにポートランドの集大成のようなお店である。
あなたは、ライトローストのファンになるか、それとも、アンチになるのか。自分のheartに聞いてみるといいだろう。

IMG_1874 (300x225)


IMG_1870 (300x225)


heart
2211 E. Burnside, Portland, OR, 97214
1111 SW Stark St., Portland 97205
537 SW 12th Ave, Portland 97205 (next to Grüner)

Open Seven Days A Week 7 AM - 6 PM

Pixie Retreat RAW'r Laboratorie & Makery
http://www.pixieretreat.com/28mf16zr1wc2eay6y7pjyqpc5lbecy

こなあ玲奈
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

Appolonia

Author:Appolonia
自らのアトピー体質がきっかけで化学物質と無縁の生活と自然治癒の生き方を志す。
アメリカに17年滞在後2011年、日本へ帰国。
オーガニックの先駆者が集まるサンフランシスコで暮らし、
そして、よりロハス的な生き方を求め、オレゴン州ポートランドに移住。
アメリカの真のロハス文化を日本に伝え、日本の伝統的な文化をアメリカに紹介するプロジェクトを計画し日々奮闘中。
2児の母親。最近のマイブームは休日のオーガニック&ベジタリアンレストラン巡り。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

来場者

検索フォーム

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。